井崎英典 Hidenori Izaki BARISTA

Profile

コーヒーほど美しい世界を私は知りません。コーヒーには、人種、国境、言葉…様々な壁を乗り越えて、人を繋げる力があります。コーヒーを飲むときの「ほっ」とする感情は世界共通です。どんな壁だって乗り越えて共感しあえる世界がそこにあります。

 

人々が長きにわたりコーヒーに魅了され続けている理由、それは誰しもが神秘的な体験を求めているからだと思っています。現実と自身を切り離し、異空間へと導いてくれる不思議な飲み物が「コーヒー」だと私は思っています。

 

私のミッションとは「コーヒーを使った課題解決」であり、ビジョンとは「コーヒーを通した世界平和」です。ちょっとイカれた響きがあるかもしれませんが、本気です。
美味しいコーヒーを通して、小さな幸せを世界中に作り上げ、人をつなげる仕事をしていきます。

 

分け隔てなくコーヒーを愛し、より多くの方々に美味しいコーヒーと、甘くも苦いコーヒーの奥深い世界の「エヴァンジェリスト」として、皆様のお役に立てればと思っています。 第15代 ワールドバリスタチャンピオン
 井崎英典

 
井崎 英典(いざき・ひでのり)1990年生まれ。福岡県出身。高校中退後、父が経営するコーヒー屋を手伝いながらバリスタに。法政大学国際文化学部への入学を機に、(株)丸山珈琲に入社。2012年に史上最年少にてジャパンバリスタチャンピオンシップにて優勝し、2連覇を成し遂げた後、2014年のワールドバリスタチャンピオンシップにてアジア人初の世界チャンピオンとなる。現在はコンサルタントとしてグローバルに活動を続け、年間200日以上を海外で過ごしつつ、コーヒーエヴァンジェリストとして啓発活動を行なっている。
井崎 英典(いざき・ひでのり)1990年生まれ。福岡県出身。高校中退後、父が経営するコーヒー屋を手伝いながらバリスタに。法政大学国際文化学部への入学を機に、(株)丸山珈琲に入社。2012年に史上最年少にてジャパンバリスタチャンピオンシップにて優勝し、2連覇を成し遂げた後、2014年のワールドバリスタチャンピオンシップにてアジア人初の世界チャンピオンとなる。現在はコンサルタントとしてグローバルに活動を続け、年間200日以上を海外で過ごしつつ、コーヒーエヴァンジェリストとしてコーヒーの啓発活動を行なっている。